薬用梅シュの楽譜置き場

ただいま一部の楽譜非公開中

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

がらぴーがらがらぴー 

DTM



こんばんは、薬用梅シュです。
本日月末です。夏休み最終日だという人、まだまだ夏休みの1/2だという人、棚卸の人、宿題やっている人、通院日の人、お給料日の人、朝晩涼しくなって生き返った人、月末ですね。「げつまつ」という響き好きです。あまり上品でない発音ですがその言葉が表すものは「月の一番最後の日」というちょっと神聖なものでその辺ギャップがあっていいと思います。



祝・DAWソフトデビュー!


さて今回はCubase(キューベース)というDAWソフトを使って初めて曲を作った話をします。めでたい。といってもオリジナル曲ではありません。Eテレの「にほんごであそぼ」の中で流れていた
「がらぴーがらがらぴー♪」と言っている曲をいじってみました。



・・・なんか音小っさくね?

実は以前diminoで挑戦した「がらぴーがらがらぴー(やんちゃ)」をCubaseでやってみるとどうなるんだろうということでやってみたものなので、リメイク、いやほぼ同じなのでリベンジです。以前のmidiをそのまま使ったのではなく新たに打ち込みました。
24秒~のジャズっぽいところはまあまあ気に入っていますがそれ以外はイメージと違ったので悔しいです。まあこれはこれでそれっぽく聴こえるからいっか。


Cubaseで初めて打ち込んでみた感想
・難しい
・英語ばっか
・思い通りにならない
・音めっちゃある(把握できない)
・意味が分からない


不満ばかりということは、これは半永久的に楽しめるということです。満足なのは画面の見た目がクールなところです。DTMerを身をもって尊敬した次第でございます。


身をもって気付いたことといえばたくさんあるのですが、中でも「スピーカー」に関しては確かな違いを体感しました。今回アップロードしたTMboxでの再生で「PC・iPhone5c」×「その辺に湧いてるイヤホン・iPhone用イヤホン・安いヘッドホン」の6種類で聞き比べるとこれが本当に違うんですね。一番よかったというか原音(Cubaseで作成中のオーディオインターフェースからの愛用ヘッドホンで聴いてる音)に近かったのはiPhone×iPhone用イヤホンでしたので、これからはネット上で音楽を聴くときはこれで聴こうと思いました。


ところで「にほんごであそぼ」は今でも放送されているのですかね。がらぴーがらがらぴーとても好きです。映像も好きです。音も絵も無駄なところがなくてスタイリッシュです。



次はオリジナルで作ってみたいと思います。音源は乱数に選んでもらおうと思っています。ではまた。今年中に更新できたらいいなあ。



以上です、ありがとうございました!


スポンサーサイト

▲PageTop

【楽譜】 「きくおミク4」メドレー

楽譜



初めての方へ。はじめにをお読みください。




「きくおミク4」をメドレーにしてピアノアレンジしてみました。

「きくおミク4メドレー」楽譜はこちら

弾くとこんな感じになります
youtube
ニコニコ動画

※googleドライブを使用しています。
 開くと共有やら何やらでてきますが、クリックするのは「印刷」か「ダウンロード」のみにしてください。宜しくお願いいたします。
 ブラウザのアップデートをしばらくサボっていると見られない場合があります。
※個人の範囲でお楽しみください。




◆「きくおミク4」について(感想)


作詞作曲:きくお

「きくおミク」「きくおミク2」「きくおミク3」に続き「きくおミク4」、
きくおさんのボカロアルバム最新作です(2015年6月現在)。
収録曲数15曲、最後の4曲はmix版です。
今回のメドレーアレンジは、mix版ではない最初の11曲を使いました。

このアルバムを初聴きした時の第一印象は「音、多!」でした。
神経を張り巡らして聴いてると「あっここにこんな音あったんだ」と気づき、
気づくとまた次に聴いた時 感じが違ってきて何度聴いても面白いです。
神経を張り巡らせて聴かなくても大変鮮やかさを感じます。

1番好きなのは「ようこそ星のお宿」です。
嬰ハ短調 変テンポ万歳。静かーなのに音が散らかってる感じ(良い意味)や、腹殴られるような音と共に始まる拍や、うんファーうんファーと裏拍で入るサビのファーファー音や、ドゥクシ・グチャァとまるで内臓が潰れているかのような音と乳児玩具な音の混在や、高低差のあるベースライン、童謡のような分かりやすいメロディー、笛のタカ タカ タン要素、ユニゾンからの1拍ずつリ(以下略)言い出すとキリが無いのですがもう本当に快感ですありがとうございます。
同じように「てんしょう しょうてんしょう(2014 Livemix)」「おばけの招待状」辺りも
こうフェチを刺激してくるところが多くありとても好みです。

個人的に、立ち直れないほどグサーー・・・とくる歌詞は
「UFO」の「弱い生き物から捕まるよ♪」
「Giant」の「心がないから歩けるよ♪」
「おばけの招待状」の「どっちへ行ったら怒られない♪」
です。ぼーっとしていてもものすごくハッキリ聞こえる部分でもありますので
破壊力抜群です。

東京の方のTSUTAYAでは「きくおミク4」が借りられるとの噂。
まだ聴いたことない人、聴こうぜ。
そんなこんなで「あ、ここ弾きたい!」と思う所をメドレーにしました。
メドレー初挑戦しかも「きくおミク4」、骨はバキバキに折れましたが
めちゃくちゃ楽しかったです。




◆「きくおミク4」楽譜について

楽譜はフリーです。あくまで趣味レベルなので、いろいろ(音・表記etc.)間違っているかもしれません。ご了承ください。
全15ページです。
曲が変わるごとにテンポと題名が書かれています。
指遣い、強弱、テンポ等の表記はあまり気にしないでください。

「ようこそ星のお宿」・・・ノンペダルの音をお楽しみください
「まっくらクラクラ」・・・弾くの難しい
「おばけの招待状」・・・左手166小節2拍目の休符のテヌートは左手同小節3拍目を遅らせたいが為に付けたもの
「フラットライン」・・・べた踏みソフトペダルの音をお楽しみください
「マンダラ」・・・250小節3,4拍目と254小節3,4拍目は同曲間奏の1部を抜粋した
「無限の時間を与えましょう」・・・右手290小節目〜295小節目は「ようこそ星のお宿」サビがモデル

楽譜ほしいのに見られない・・・という方は、pdfが受け取れるメールアドレスから

yakuyouumesyuあっとここは関係ないよgmail.com

に連絡下さればお渡しすることも可能です。



以上です。ありがとうございました。薬用梅シュ





▲PageTop

近況―Cubaseを買った―

未分類




薬用梅シュです。こんにちは。
新年度が始まり、1年の4分の1が終わってしまったという事実に
毎年ながら飽きなく驚愕しています。



今回はブログらしく近況をば語り申します。



まず、自分専用ノートパソコンを買いました。
Windows8.1、core i5、メモリ8GB、128GB SSD、17.3インチ、フルHD の真っ黒なhpちゃんです。ノートパソコンにしてはでかいです。パソコン購入は初めてでしたので店員さんに根掘り葉掘り聞きまくりました。「HDD」と「メモリ」って違うものだって知っていましたか?「画面の大きさ」と「解像度」って違うものだって知っていましたか?知っていましたか。そうですか。そんな無知な状態で購入しよう、そして購入した危機感は若干あります。でもめっちゃググったから大丈夫なはずです。
あと、外付けHDD 1TB買いました。


次に、Cubase Artist買いました!!!!!!!!
※音楽を作るソフトです
cubase.jpeg

そうすべてはこのため。宝の持ち腐れにならぬよう精一杯楽しみたいです。
今まで「パソコンで曲っぽいの作るぞ」となった時、「Domino(フリーソフト)」というMIDIシーケンサとPC内臓シンセ音源を使っていました。しかしだんだん納得がいかなくなってきて、紆余曲折ありとうとう専用のソフトを購入しちゃったよって話です。ただ、ソフトを立ち上げることができなかったり、音が鳴らなかったり、保存できなかったり、マニュアルが英語だったりという初心者泣かせあるある沼に陥りました。


それから、短期間DTM教室に通うことにしました。
習い事なんて何年振りでしょうか。Cubaseのみで完結させる方法と、Dominoである程度固めておいてCubaseで補正する方法、両方できたら強いのと思ったのでそれを目指します。後者だと他にもっと相性の良いソフトがあるかもしれません。専門用語を理解したいです。


最後に、「Cubase使うにはこのUSBを接続しなきゃ使えない」ということを、このソフトを初めて使う人・説明文読むのが面倒臭い人・読んでも理解できない人・とにかく機器に弱い人に伝えたいです。

usb.jpeg

Cubaseを購入した際、箱に入っているUSBです。
起動するときは毎回このUSBが必要だなんて・・・知らんがな。必要なんです。なくしたら大変ですね。起動できるかできないかを左右するような情報は節足動物でも分かるくらいもっと前面に出すべきだと思います。


今後は、midiキーボード、コンデンサマイク、オーディオインターフェース、余裕があればスピーカーを購入したいです。弾いてみたの録音や調整もCubaseを活用していきたいと思っています。


以上、金欠の話でした。
ありがとうございました!


現在、きくおさんのアルバム「きくおミク4」のピアノアレンジ(メドレー)に挑戦しています。完成は早くて5月、遅くても6月の予定です。よろしくどうぞ。



▲PageTop

プロフィール

はじめに



◆自己紹介

名:薬用梅シュ(yakuyouumesyu)

趣味がこじれてピアノ編曲に手を出し、「弾いてみた」動画をアップしたり採譜したりして遊んでいます。
クラシックピアノを習っていました。
音楽方面の学校には通ったことがなく、知識・技量等は乏しかったり偏っていたり怪しかったりすると思います。頑張ります。
作曲できるようになることが目標で、「ここでこの響きがほしいんじゃ」と考えていることをさっと出力できる、神のような能力に憧れています。





◆マイ楽器紹介

・ピアノ(YAMAHA C3LA)

piano.jpeg

静岡県直輸入の代物。
お世話になっております。
ピアノの下敷きとなる圧死なら本望です。




・バイオリン(Hallstatt V-10)

vaiorinn.jpeg

心理学の先生から頂いた最も謎な臨時収入。
バイオリンは1、2年触れた経験がありますが、
ビブラートはできません。





・テルミン(テルミンmini)

teruminn.jpeg

「大人の科学」の付録。
以前、Eテレの「schola」という番組で
テルミンが紹介されているのを観て
衝動買いしました。
テルミンは世界最古の電子楽器といわれています。





・ムックリ

mukkuri.jpeg

アイヌ民族楽器。
修学旅行でムックリの演奏を聴いて痛く感動し、
自分用のお土産として購入しました。
「ヴヨィン」という音は鳴らせますが
「スァッ」ってのはできません。




◆リンク

YouTube
動画投稿数はここが多いです。

ニコニコ動画
コメントありがたいです。

TMBOX
電子音楽の練習や、
ブログに貼るデモ演奏を投稿しています。

Twitter(@yakuyouumesyu)
日常ツイート





◆コンタクト

yakuyouumesyuあっとここは関係ないよgmail.com

(あっと=@)

ご質問ご相談その他諸々。
ブログのコメント欄やツイッターリプライでも結構です。





◆その他

アレンジし練習したものや作ったものを発表できる場があること、そしてそれを聴いてもらえること、さらにはコメント等反応を頂けること、大変嬉しく思います。制作は超絶スローペースで取り組んでいます。今のところ この先も音楽の趣味に浸かっていこうと思っているので、痛々しげなものを見るような目でもいいので見守ってくだされば幸いです。



以上です、ありがとうございました!


▲PageTop

みかん酒を作ろう その2

未分類



こんにちは、薬用梅シュです。
前回の~みかん酒を作ろう~その1で、「次の更新は2週間後」と言いました。
あれからそろそろ2ヶ月がたとうとしています。


まあそのことには目をつむっていただいて
今回は、前回の続き



1ヶ月クッキング
~みかん酒を作ろう~




あのあと、みかん酒はどうなったのか・・・

1.みかん酒の経過
2.みかん酒を試飲
3.余った実でジャム作り(をしたはずなんだ)


の3つに分けてお伝えしたいと思います。




1.みかん酒の経過

あまり変化が無く、特に話すこともないので写真を載せます。


↓漬けてから3週間後↓

mikann3.jpeg



↓漬けてから4週間後↓

mikann4.jpeg

とても黄色くなったように見えますが
撮る時間帯や光源が違うのでなんとも言えません。
実際の変化はそれほどなかったように思います。
しかし最初に比べるとやはり色がついています。



↓漬けてから6週間後↓
実を取り出しました。もう尿とは言わせない。

mikann6.jpeg






2.みかん酒を試飲

漬けてから4週間で飲めるようになります。

蓋を開けます。

めちゃくちゃ良い匂い・・・


炭酸が苦手なので炭酸以外の飲み物で割って、以下のように頂きました。
また、割る時の比率はすべて約1:1にしました。



【ストレート】
そのまま飲んでみました。
強い(当たり前)
味以前に、強い。くどい(当たり前)


【水割り】
これこれ、ちゃんとみかん酒飲んでる感じでした。
スタンダード。


【水割り→レンジでチン】
少しぬくとめればごくごく飲めるかなと思い
水割りを短時間レンジでチンしてみました。
が、普通の水割りの方が美味しかったです。


【お湯割り(98℃)】
まさしくエタノールという感じでした。
苦みは強いですが口内が殺菌されるような爽快感がありました。


【牛乳割り】
よくリキュールを牛乳で割るのをみかけるのでやってみました。
予想通りの味でした。
お酒の苦みが抑えられるので飲みやすかったです。


【水&蜂蜜割り】
水割りに適当な量の蜂蜜をいれてみました。
量によりますが蜂蜜嫌いには絶対に飲めないくらい
蜂蜜が強かったです。甘い。


【水と蜂蜜割り→レンジでチン】
短時間レンジでチンしました。
こちらはレンジでチンした方が美味しく頂けました。
自然豊かな観光地にある健康食品屋さんに売っていそうな味でした。


【麦茶割り】
まずかったです。二口目でもう無理でした。
人によるかもしれません。



氷が無くて【ロック】ができなかったり、
ジュースが無くて【ジュース割り】ができなかったりしましたが、
いつかやってみようと思います。
他の割り方も模索してみようと思います。



結論
1位:水割り
2位:牛乳割り
3位:水と蜂蜜割り→レンジでチン


水割りが一番でした。
もともとお酒が強いわけではないので沢山は飲めないし
舌がこえてることもないので感想もアレですが、
My酒なんだ!という親バカ精神もあり美味しくいただけました。

なにより、腹を下すことのないお酒が無事にできてよかったです。
1ヶ月以上も飲食物を放置する経験をして「腐敗」とはどういうことなんだろう
ということを、考えさせられました(考えただけ)。





3.余った実でジャム作り(をしたはずなんだ)

取り出した実をつかってジャムを作りました。
今回のみかん酒は「みかん」と「きんかん」を使いましたので
みかんジャムときんかんジャム(マーマレード)です。
ちなみに今までジャムを作ったことはありません。
ネットで調べた複数のジャム作り情報を
記憶力のあやしい脳にたたき込んだだけなので、
レシピもくそもありません(フラグ)。
時系列で文字と写真を並べていきます。



1.取り出す

良い香りでつやつや
mikannkinnkann.jpeg




2.きざんで、しばらく砂糖につける


koorituke.jpeg
左:みかん 右:きんかん

「砂糖にしばらくつけておくと果実に染み込んで良い」ということをチラリと聞きました。
本当は粉状の砂糖を使うといいそうなんですが、
氷砂糖を使いました。完全に塊です。

砂糖の量は、果実の量にたいして1/5~1/2・・・・・
幅が広いんですね。好みでいいということでしょうか。
たくさん使いたかったので1/2の量にした後、
「氷砂糖って甘み少ないよな」などと思いさらに増やしました。



3.鍋で加熱する

nabe.jpeg
左:みかん 右:きんかん

みかんからは水分が出てきましたが、
きんかんからはほとんど出てきませんでした。
ない水分が奪われていくばかりでジャムから程遠いものになりそうでしたので、
水をそっと足しました。
とろ火で約15分(黒猫のウィズをやりながら)。
「氷砂糖が溶け切るまで」
の予定だったのですが、なかなか溶けてくれないので
結局、溶けきらない塊を取り除き15分でリタイヤ。
氷砂糖を増やした意味・・・
でも味見をしたら氷砂糖とは思えない強烈な甘さでした。

最終的に見た目としましては、みかんの方はどろどろに
きんかんのほうは芋けんぴのようになりました。
この時点で、きんかんはジャムにならないことを確信しました。
いや、でも冷やしてみないと分からない・・・



4.冷やす

冷やす前↓
zyamu.jpeg
上:みかん 下:きんかん

ほんのりグロさを感じました。
密閉できる容器にうつし、荒熱をとってから
明日パンに塗って食べられますようにと願いを込めて冷蔵庫におさめました。




5.食す

ジャムのお供はパンとヨーグルトにしました。


みかんジャム・・・ジャ・・・固え・・・

zyamumodoki.jpeg




なんだこれは・・・
パッサパサ・・・・砂糖すごい・・・う・・・

zyamumodoki2.jpeg





どうやら塗ることのできないジャムなようです。
よく考えてみれば、ドロドロな砂糖を冷やしたら固まりますよね。
でもなにがなんでもパンにつけて食べたいので

pan.jpeg


はさみました。賢い。
デザートのようでした。
オレンジ風味の酒砂糖という感じでおいしかったです。
海外のお菓子のおみやげにありそうな味でした。


ヨーグルトとの合わせは普通においしかったです。


ただ、とてもお酒感がつよいので運転する予定のある日は
控えた方がいいかもしれません。

きんかんの写真撮るの忘れてました。



結果・感想
ジャムではないものができあがりました。
ジャムというよりはドライフルーツでした。粘性が無いのです。
きんかんよりみかんの方がおいしかったです。
きんかんジャム(マーマレード)は見た目は芋けんぴのままで、
噛みごたえは悪かったです。なかなか噛みきれませんでした。
農林水産省の「ジャム類の日本農林規格」からは大きくはずれていました。
氷砂糖の甘さを侮っていました。すみませんでした。
「熱っ!」と脊髄反射をするように「甘っ!」ってなります。
氷砂糖すげえ。

今回の失敗をいかして次、頑張ります。
あと、ジャム作れる人を尊敬します。





というわけで~みかん酒を作ろう~これにて終了です。
本命の梅酒の時期までまだ時間があるので
それまでまた別の果実をつけていこうと思います。
でもその前にみかん酒を完飲しなくては!(まだある)




ありがとうございました!



▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。